アーチェリー協会
会   長
里 中 郁 男


団体沿革
アーチェリーは、昭和14年、新聞記者 菅重義氏によって、初めて日本に紹介されました。
同時期、小沼弓具店(現アサヒ弓具工業)代表小沼英治氏によって弓具一式が輸入され、国産アーチェリー弓の研究・開発が開始されました。

これをもって、豊島区が日本アーチェリー発祥の地といわれています。
豊島区アーチェリー協会は、菅氏、小沼氏両名によって、昭和28年設立されました。


活動場所
豊島区総合体育場
毎週、火曜日・木曜日 / 13:30~17:00 ・ 17:30~20:30
(*年末年始、休日を除く)
経験者の方もお気軽にご利用下さい。
(西巣鴨体育場は、当協会発行の認定証が必要です。)


PR
総合体育場では火曜・木曜とも指導員が常駐しております。
小学校中学年以上であれば、初めての方でも気軽にアーチェリーを体験できます。
西巣鴨体育場では、通常月2回日曜日に初心者講習会を実施しております。

経験者の方もお気軽にご利用下さい。
 (西巣鴨体育場は当協会発行の認定証が必要です。)


大会
東京都民体育大会 *団体戦(男女とも)
豊島区民体育大会 *西巣鴨体育場(50・30m、初級)
レディース・スポ・レク大会 *西巣鴨体育場(50・30m、初級)
種目別選手権大会 *西巣鴨体育場(50・30m、初級)
北ブロック交流試合 *光が丘弓道場にて豊島、板橋、北、新宿、杉並、練馬の6区で行う試合です。
小沼英治杯 *豊島区アーチェリー協会の創始者、故小沼英治氏の業績を記念して開催される大会です。
*オープン参加試合ですので他区、学校での参加も可能です。
   


ベストショット




競技団体:
URL
http://home.att.ne.jp/grape/ar/toshima/
問合せ:
e-mail
contact@toshima-city-sports.or.jp

 ・..お問合せいただく場合のお願い..・

件名には「アーチェリー協会への問合せ」と入っておりますので消さないでください。

また、消してしまいましたらもう一度メールアドレスをクリックしていただければ標記されます。

本文には「お名前、お電話、所属競技団体」をお書き添え願います。